結婚後も働きやすい治験コーディネーターが人気

保育園看護師 → 治験コーディ―ネーターの職場は女性に優しい?

治験コーディ―ネーターの職場は女性に優しい?

治験コーディネーターという職種は、ほとんどが女性です。 男性治験コーディネーターが全くいないわけではありませんが、女性が中心の職場環境になることは間違いないでしょう。

そこで気になるのが、女性が働きやすいような環境が整えられているのかということです。 特にチェックしておきたいのが、仕事と育児を両立しやすい職種なのかということですよね。

まだ結婚・出産していない人だったとしても、長く治験コーディネーターとして働くことになれば産休について考えなければならない日が来るかもしれません。 もし妊娠がわかったあとに産休をまともに取ることができないような職場だったとわかったら大変なので、これらのことは就職前に確認しておきたいですね。

全ての職場がそうだとはいえませんが、治験コーディネーターという仕事は産休や育児休暇が取りやすい職場が多いです。 女性が多いことが1番の理由ですね。

それに、長く働ける人材が求められる職種でもあるため、産休や育児休暇を取ったあとでも、職場復帰しやすい環境が整えられています。 職種によっては、ブランクがある人の復帰を歓迎しないものもありますが、治験コーディネーターの場合は心配ありません。

また、看護師などの仕事に比べると残業が少ないため、子育てをしながら働きたいと思っている人にも向いている仕事だと言えるはずです。 看護師として働いていたものの子供のために時間を取ってあげることができず、治験コーディネーターに転職をしたという人もいるようです。

そのため、治験コーディネーターの仕事は女性に非常に人気がある職種でもあります。 ただ、女性が働きやすい環境がどれくらい整っているかというのは職場によって違うので、求人情報をチェックする際に、子育て支援についても確認しておいたほうがいいでしょう。

転職情報サイトや求人情報サイトを活用すれば、就職前に職場の状況を知ることができます。 治験コーディネーターの就職に特化したサイトならば更に詳細な情報を知ることができるので、直接応募するのではなく転職サポートサイトを利用したほうがいいですね。

無資格からの治験コーディネーター転職

治験コーディネーターとして働く場合は、医療系の資格が必須とされる場合が多いです。 しかし、法律などで医療系の資格がない人は治験コーディネーターの仕事ができないと定められているわけではありません。 つまり、採用する企業があれば無資格でも治験コーディネーターとして働くことは可能なのです。

ですが、実際にはかなり厳しいということを理解しておかなければなりません。 無資格で治験コーディネーターに転職をする場合、無資格でも応募できる企業を探すことから始めなければなりませんよね。 まず、これを見つけることが非常に困難です。

なかなか出てこない求人情報が出るのを待つよりも、医療系の資格取得を目指したほうが早い場合も多いです。 無資格でも面接してもらえる企業が見つかったら、いかに自分の知識と経験を活かすことができるのかを伝えましょう。

特に重視されるのはコミュニケーション能力なので、前職で人と接する仕事をしていた場合、それをアピールすることがポイントです。 コミュニケーション能力もない、医療系の資格もないという場合、いくらやる気があったとしても治験コーディネーターとして採用してもらうことはまず不可能です。

また、治験コーディネーターに求められる医療知識はとても高度なものです。 そのため、独学などで医療系の知識を学んでいたとしても、それを大々的にアピールするのは賢いとはいえません。 医療系の資格がなくても医療系の仕事に就いていた経験があるのならば、それを伝えておきましょう。

治験コーディネーターの仕事では事務作業を担当することも多いため、パソコンスキルや事務処理能力が高いと有利になります。 事務職などから治験コーディネーターに転職したいと思っている場合も、前職での経験を活かしたアピールをすることができるといいですね。

これらの能力が何もない場合、リーダー能力や判断力をアピールしてみましょう。 非常に人手が足りていない企業の中には、無資格でも採用してくれるところがあるので、そういったところを探すのがおすすめです。

保育園看護師の残業の実態
治験コーディネーターの職場は女性に優しい?
夜勤専従看護師 - ハローワークを利用する