残業はどれくらいあるの?

保育園看護師 → 保育園看護師の残業の実態

保育園看護師の残業の実態

看護師の仕事はハードになりやすいと言われています。主な職場は病院が多いですが、患者さんが多くいる病院も多く、その対応に追われるため、忙しくなりやすくなっています。その忙しさに合わせて、残業も増える傾向にあり、残業代も適切に支払われていないというのが現状です。

労働基準法という法律では、1日で8時間、1週間で40時間以上の労働は基本的に禁止されており、それを超える場合は残業代を支払う事が決められています。ですが、サービス残業は当たり前という事がよく聞かれるように、残業代が支払われていない看護師は多くいます。

また、看護師はそのハードな労働環境に辞めていってしまう方も多く、そうした方が増えると、残っているスタッフの方に、より負担も掛かりやすくなるという悪循環に陥ってしまっています。残業が長時間に上っている方も多く、月に40時間以上の残業を残業代を貰わずにしている方も多いのが実際なのです。

最近ではこうした悪循環を断ち切ろうと、労働環境の改善をしていく動きが見られていますが、多くの職場ではまだ解決に至っていません。看護師の方は、自分のためにも、転職で職場を変わる際には仕事がどの程度忙しいのかをきちんとチェックしてから応募する必要があります。

もちろん、そうした忙しい病院にも看護師は必要ですが、働いて看護師の方が体を壊しては元も子もありません。気持ち良く働けるような職場を探していきましょう。仕事を探す際には転職サイトを利用する方が多いですが、最近の転職サイトの中には、病院の口コミ情報が見れたりするサイトもありますし、登録すると担当してくれるアドバイザーの方に、残業について聞いてみる事もできます。

あなたの代わりに病院に確認をしてくれるため、こうした情報を参考にして、働きやすい職場を見つけていきましょう。患者さんだけでなく、病院にとっても、看護師にとっても働きやすい環境が、今後の医療現場には求められています。

休日、勤務体系について

看護師の主な職場は病院となりますが、病院は忙しくなりやすい職場です。そのため、それに合わせて勤務体系も通常の職場とは少し違った形になっている事も多いです。まずは2交代制と3交代制の勤務体系です。病棟がある病院では24時間体制で看護の体制を整えておく必要があり、このような勤務体系となっています。

2交代は24時間を昼間と夜間で、3交代では24時間を3分割し、スタッフが交代して勤務をします。これらの勤務体系は生活が不規則になりやすいです。スタッフが複数いる事が通常のため、基本はスタッフ間で希望を出し合って、シフトが組まれる事になります。

そのため希望の曜日が休めなかったり、土日休みが取れなかったりという事はよくあるため、生活のリズムが不規則になってしまう部分がどうしても出てきます。実際に働いてみると、2交代の方が交代の回数が少なくなり、連休が取れやすい事が分かります。一見大変そうに見えますが、2交代の方が働きやすいという看護師の方もいます。

また、週に2日休みを設けるという形ではなく、4週6休や4週8休などの勤務体系にしている職場も多くあります。これはひと月の中で集中して忙しくなる事があり、そうした状況の中では週休2日だと人手が足りなくなるため、落ち着いたタイミングで連休を取れるようにしているという勤務体系です。

勤務が連続して続く事もあり、その期間は負担がかかりますが、後でまとまった休みで旅行などに行けるので良いという方もいます。これも人によります。転職を検討している方は、休日についてもきちんと考えておく事をお勧めします。

大丈夫だろうと安易に考えて決めてしまうと、働き始めてから後悔することにもなってしまいます。自分に合わない勤務体系は、体に負担も掛かりやすく、仕事を気持ち良くしていく上であまり良いとは言えません。できるだけあなたにとって無理なく働きやすい、整った環境の職場を探していく事をお勧めします。面接の際にも良く確認をしておきましょう。

保育園看護師の残業の実態
治験コーディネーターの職場は女性に優しい?
夜勤専従看護師 - ハローワークを利用する