保育園で働く看護師が増えている?

保育園看護師 → 保育園看護師の勤め先

保育園看護師の勤め先

看護師の職場の一つに「保育園」があります。保護者の方が、仕事等で子どもの面倒を見ることができない場合の預け先である保育園ですが、0歳児から小学校入学前までの子どもを預かるため、園児の健康管理という面も重要視されてきています。
派遣看護師の仕事は広がっている

そういった理由で、看護師を常駐させて、園児の健康管理体制の充実を図る保育園が増加傾向にあります。保育園看護師の最も大きな役割は、前述したように園児の健康管理になります。

通常、1つの保育園に常駐する看護師は1名体制が殆どで、医師もそばにはいないため、看護師の方がやるべきことは非常に幅広いと言えます。園児の健康状態のチェックは勿論の事、怪我の応急処置や、深刻な病状の場合は、病院へ搬送するかどうかを迅速に判断し、対応しなければなりません。

また、園児の健康管理の一環として、園児とのコミュニケーションを積極的に行なうということも大切です。園児の日頃の姿を知ることによって、体調に変化があった際にも早い段階で気付くことができるからです。園児だけでなく、保護者の方ともコミュニケーションを取り、お子さんの健康指導等を行なうことも大切な役割の一つです。

保育園自体が、日中仕事にでている保護者の代わりに子どもさんを預かる目的の施設であるため、保育園看護師の求人は、基本的に日勤のみであり、夜勤はありません。

病院勤務の看護師と比較すると、保育園看護師の給与は低めです。ただ、日勤のみで、休みも確実に取れるので、プライベートな時間を大切にしたい方や、子ども好きの方、あるいは看護師同士での人間関係に悩んでいるような方にはお勧めの職種と言えるでしょう。

人気職種であることや、1保育園につき1名という枠の小ささもあり、保育園看護師の求人数は、病院看護師等に比べると少なめですが、こまめに求人情報をチェックしたり、求人サイトへの登録を行なうことで、自分の希望に合う保育園看護師の求人情報を見つけることができるでしょう。

看護専門学校について

看護師になるためにはいくつかの方法がありますが、よく知られている中のひとつが「看護専門学校」です。看護専門学校はその名の通り、まさに看護師になるための学校と言えます。3年間通うことが基本で、高校卒業後に入学する人が多いです。

普通の高校を卒業した後に看護師を目指せるということで、看護師の多くが歩む道になります。実際現在看護師として活躍している人で、看護専門学校卒業生は4割にものぼると言われています。

看護専門学校の特徴は、実践力に重きを置いていることです。全カリキュラムの約3分の1もの時間が看護実習に充てられ、現場での即戦力として期待されています。ただし看護師の資格は国家資格であり、国家試験の合格が必須です。

つまり看護専門学校を卒業するだけでは看護師にはなれません。看護専門学校を卒業することで得られるのはあくまで「受験資格」であり、卒業後すぐにおこなわれる国家試験への合格を目指します。よって看護専門学校のカリキュラムは国家試験に対応したものになっており、試験対策が行われることもあるのです。

看護専門学校にはいくつかの運営団体があります。国立、県立など公立、日本赤十字、学校法人などがその代表です。社団法人や医療法人が独自に開設している場合もあります。“国家試験の受験資格を得られるカリキュラム”という目的は同じではありますが、やはり学校それぞれに特色があるものです。

その学校が得意としている分野、教育方法、国家試験の合格率など、色々な面から比較するようにしましょう。単に“学費が安い”ということで選ぶのも悪くありませんが、自分がどのような看護師になりたいのか、どうした分野に進みたいのかをイメージすることで選びやすくなります。

学校によっては就職まで斡旋してくれるところ、逆に新卒時は関連病院への就職が義務付けられている場合などがあります。看護専門学校を選ぶ際には、卒業後の働き方についても考えておきたいですね。

保育園看護師の残業の実態
治験コーディネーターの職場は女性に優しい?
夜勤専従看護師 - ハローワークを利用する